自動車の車体軽量化の為の新技術

  • 自動車の車体軽量化の為の新技術

    • 自動車製造業界では、燃費性能の向上の為に車体軽量化が求められており、重量のある金属部品をプラスチック製する自動車メーカーが増えています。

      お客様に相応しいバイク買取の相談ならココです。

      特にフレームなどの大型部品や外装部品は高い強度や優れた剛性が不可欠とされる事から、ゾル−ゲルコーティング処理した炭素繊維とアルミニウムの複合材料などの炭素繊維を使用したいが非常に高価な為に、安価な長繊維強化プラスチックが注目されています。

      GT-Rの買取り使いやすさが好評です。

      日本国内の企業では、ガラス繊維とポリプロピレン樹脂を原料とする長繊維強化プラスチックを単一工程で成型出来るD−LFTシステムを開発し、長繊維強化プラスチック製造の大幅なコストダウンを可能にするとともに、自動車の車体軽量化に役立つと期待されています。

      目的に応じてGT-Rの専門店情報に対応した情報サイトです。

      又、自動車のホイルは、鉄やアルミニウムが一般的だが、レース用のホイルにはマグネシウム合金が使われる様になっています。



      マグネシウム合金は、最も普及している鉄やアルミニウムなどの金属材料と比較して非常に軽量で有りながら、比強度や減衰性に優れた特性を有しており、自動車産業分野や機械産業分野において大幅な軽量化が図れるとして期待されている材料です。



      しかし、リサイクル性に富んだアルミニウム、鍛造や鋳造など加工が容易な鉄に比べて、マグネシウム合金は鍛造などの塑性加工が難しい為にコストが高く、一般的には普及していないのが現実です。

      http://smany.jp/6011

      国立研究開発法人新エネルギー産業技術総合開発機構では、直径55mm〜100mmの小径マグネシウム合金ビレットの連続鋳造を可能にする世界初のマグネシウム合金小径連続鋳造ビレットの製造技術を開発されています。

      http://girlschannel.net/topics/193750/

      http://smany.jp/1231

  • 関連リンク

    • 自動車というのは、今や人々の生活の必需品になっています。雨の日の移動であったり、荷物があったりするときの移動、多人数での移動、バスや電車で行けないところへの移動などでは、車を利用するといいでしょう。...

    • 自動車に乗る時には運転のしやすさなども大事なのですが、乗り心地についても一度考えてみるといいでしょう。買い物などの足として使うだけでそれほどたくさん運転をする訳ではないという人もいるかもしれませんが、やはり乗っていて快適だと思える車の方が長く乗っていても気分が良いものです。...